商品カテゴリー

柿渋染体験プログラム

検索条件

・商品カテゴリから選ぶ

・商品名を入力

  • みつる工芸メールニュース
  • みつる工芸ホットニュース
  • みつる工芸ホットニュース
  • 求人募集
  • みつる工芸ホットニュース
  • みつる工芸ホットニュース

工房の様子

大原のよい水と環境のもと私たちがひとつひとつ手作業で染め上げました。 柿渋は最高品質といわれる 南山城地方(現在の京都府相楽郡、綴喜郡あたり)産のみを使用。 ■天然染料(草木染め)は職人が染料化、染色まで全て手作業でおこないます。 ■染色には大量の水が不可欠ですが、全て大原の山水でまかなっております。 水道水は使いません。 ■生地は中国製もしくは日本製の良質の手引き手織りの麻や綿を使用。

いろんな工程を経て作品は完成します。

引染・伝統の技法

引染をする工房のようす

染色の技法の一種で、張木(はりぎ)と伸子(しんし)という道具を 使い水平に張った反物に染料を刷毛引きします。 細かい柄や文字を表現するのに適しており、 京友禅、印染なども引き染めで地色を染色します。 みつる工芸では主に引き染めで地色を入れたり柄を入れたりします。

浸染

後染めの味はこれで決まり

Tシャツやスカーフなどは縫製後染める「後染め」にて染色します。 浸染は一般的な染め方で草木染や多くの染料は、 この染め方で染められています。 みつる工芸ではできるだけ温度を上げずに 常温にて染める方法をとります。 絞り染めなどの技法に応用できる基本の染め方です。

のり置き

防染や抜染のかなめ

糊と言われるペースト状のものを布に置く作業です。 この際、伊勢型紙やシルクスクリーンが使われます。 一見楽しそうなこの工程、実は糊の固さや厚みなど 熟練の技術を要する作業なんです。 この工程で染料の入り方や柄の出方が左右されるといっても 過言ではありません。もっとも気を使う作業です。

色挿し、手描き

こまかい部分は筆で

紅柄や墨などの顔料は直接筆で挿します。 手描きの味わいは何とも言えず心に響きます。

水元

反物の水洗いです

反物についているのりや、染着していない染料などを洗い流します。 デリケートな天然染料のことを考え、 みつる工芸ではいっさい水道水を使わずに 新鮮な大原の山水だけで水元をします。 柿渋で染めたときのニオイなども大半がこの工程でとれます。

■お支払いについて■

銀行振込・郵便振替・代金引換をご用意しております。
●玄関でカード払いができるヤマト運輸の宅急便コレクトをご希望のお客様はお支払い方法を代金引換とご指定ください。宅急便コレクトでは以下のカードがご利用になれます。

詳しくはこちらをご覧下さい。>お支払い・送料<

■お届けについて■

●運送業者 ヤマト運輸
  • 在庫がある場合は3営業日以内に発送いたします。事情で遅れる場合はメールにてお知らせいたします。
  • 受注生産の品や在庫切れなど10日から3週間の製作期間を頂く場合があります。
  • 合計10000円以上お買い上げで送料を無料とさせていただきます。

■サイト運営者■


〒601-1248
京都府京都市左京区大原草生町60
TEL:075-744-2069
FAX:075-744-2059
e-mail:info@kakishibuzome.com
店舗運営責任者:安井武史

>営業時間 9:00~17:00
>定休日 火曜日

■返品・交換について■

●運送業者 ヤマト運輸
  • 在庫がある場合は3営業日以内に発送いたします。事情で遅れる場合はメールにてお知らせいたします。
  • 受注生産の品や在庫切れなど10日から3週間の製作期間を頂く場合があります。
  • 合計10000円以上お買い上げで送料を無料とさせていただきます。
このページのTOPへ
Copyright(C)mitsuru-kougei All rights reserved.