2008 年 5 月 のアーカイブ

円相(えんそう)

2008 年 5 月 27 日 作成者:安井武史

晴天です。柿渋染め日和です。
日光で発色する柿渋染めはこの時期とても効率が上がります。

「夏に染めた反物見せて」と、買い付けにこられる「通」の方のために2008年ものの反物もこの時期に染めます。

写真はのれんの円相(えんそう)の柄を染めている様子です。

1.jpg

この円相の柄、実はとても深い意味があります。
以下、wikipediaより引用

円相(えんそう)は、禅における書画のひとつで、図形の丸(円形)を一筆で描いたもの。「一円相(いちえんそう)」「円相図(えんそうず)」などとも呼ばれる。

悟りや真理、仏性、宇宙全体などを円形で象徴的に表現したものとされるが、その解釈は見る人に任される。

また、円窓と書いて「己の心をうつす窓」という意味で用いられることもある。

深いですね。僕は宗教的な意味にはあまり興味がありませんが、飾って心地いいこの円相というデザインは好きです。

完成品はこちら
本麻柿渋染めのれん 柿渋染め昔ながらの円相


大原女まつり時代行列その後・・・

2008 年 5 月 26 日 作成者:安井武史

大原女装束のお手入れ、保存も大原観光保勝会の大事な仕事。
職員の皆さんがメンテナンスをされている様子を撮影させていただきました。

image297.jpg

こういった伝統の着物のお手入れ保存は大変そうです。
ご苦労様です。

大原観光保勝会のサイト


染料のご紹介 〜丁子〜

2008 年 5 月 24 日 作成者:安井武史

草木染めの染料をご紹介します。
丁子(ちょうじ)です。

image283.jpg

染料は多くの場合ニオイがありますが、とても香りがいい染料です。古来より漢方薬、芳香剤、スパイスなど用途は多岐にわたります。東南アジアのたばこの原料にも使われているそうです。染色では、黒染めに使われていたとか。最近、個人的に気に入っている染料で、Tシャツの新柄など多数染めています。
是非ご覧ください。

ヘンプコットンTシャツ 闇夜に烏
http://item.rakuten.co.jp/kakishibu/10000118/

ヘンプコットンTシャツ からし色に鯰(なまず)
http://item.rakuten.co.jp/kakishibu/10000126/

ごくごく淡く、香りが生地に残る場合もあります。いやみなニオイではありませんのでご安心ください。


お店用のれんが出来るまで 〜完成〜

2008 年 5 月 21 日 作成者:安井武史

お店用のれんが出来るまでをレポート中です!

ついに完成、先日無事お納めさせていただきました。

blog-phot14.jpg

紅柄に防染ののれんです。のれん掛けも新調されたとか。
おしゃれに飾っていただいて 、職人冥利に尽きる瞬間です。

現物は 京都着物レンタルUMESAKURAさんでご覧ください。
ご協力ありがとうございました。

協力:

京都着物レンタルUMESAKURA

着物レンタル”UmeSakura”のれん完成 ! !

関連ページ:

みつる工芸 別注のれん
1お店用のれんが出来るまで
2お店用のれんが出来るまで 〜のり置き〜
3お店用のれんが出来るまで 〜染色〜
4お店用のれんが出来るまで 〜水元〜


大原女まつり時代行列

2008 年 5 月 18 日 作成者:安井武史

大原女まつりのメインイベント、時代行列が本日行われました。
この時代行列というイベントは大原女の時代ごとの衣裳を着た大原女が、大原の里を練り歩くイベントです。
大勢の観光客の方とカメラマンでにぎわいました。

こちらは明治大正時代〜現代の大原女
img_2762.JPG

こちらは江戸時代の大原女です。
ちなみに大原女(おはらめ)と読みます

img_2766.JPG

大原観光保勝会が主催するイベントです。
http://kyoto-ohara-kankouhosyoukai.net/