2008 年 6 月 のアーカイブ

遠山

2008 年 6 月 29 日 作成者:安井武史

霧が出ると山並みがよくわかります。
美しい山々が連なる様子は染め物のデザインにも良く見られます。

imgp2056.jpg

みつる工芸でもよく使うデザインです。


力作

2008 年 6 月 28 日 作成者:安井武史

みつる工芸でのご注文は1点ものが多いのですが、こののれんは職人まで指定して頂いたこだわりのれんです。作る手にも力が入ります。
手描きの竹に藍染めのぼかしです。

imgp1772.jpg

工房頭の安井将司です。


ものものしい警備

2008 年 6 月 26 日 作成者:安井武史

2008年G8サミット外相会合に伴って京都市内はものものしい雰囲気に包まれていました。
こんなに警察官を見る事もめずらしいです。京都府警だけかと思いきやなにわナンバーや他府県ナンバーのパトカーなども多数見かけました。

警察の人にとっては「出張」みたいなものなのでしょうか。

image3291.jpg
地下鉄烏丸線「国際会館」駅周辺


テレビ放映

2008 年 6 月 25 日 作成者:安井武史

先日、テレビの撮影がありました。

image295.jpg

のれんをテーマにした番組だとか。
是非ご覧頂ければ幸いです。

6月27日
NHK教育 22:00〜

「美の壺」

番組HPはこちら

http://www.nhk.or.jp/tsubo/


ヒノキ染めの引き染め

2008 年 6 月 18 日 作成者:安井武史

先日ヒノキの皮から抽出した染料を麻生地に引き染めしました。
引き染めとは染色の技法の一種で、張木(はりぎ)と伸子(しんし)という道具を使い水平に張った反物に染料を刷毛引きする技法です。

詳しくはみつる工芸の工房紹介をご覧ください。

こちらが染料を染めた直後の画像
image329.jpg

そして媒染(ばいせん)の工程。染料を引いただけでは生地の上に色素が乗ってるだけの状態ですので「生地」と「色素」両方と分子レベルで手をつなぐ必要があります。この媒介役というか仲人役をするのが媒染剤(ばいせんざい)です。

こちらは媒染後
image330.jpg

素材そのままのヒノキの皮の色に近づきました。