2009 年 5 月 のアーカイブ

メディア掲載情報(月刊茶の間)

2009 年 5 月 31 日 作成者:安井武史

月刊茶の間という媒体に紹介されました。

画像をご覧ください。
なんと、表紙に「みつる工芸の暖簾」という文字が!

ccf20090531_0

4ページもの特集を組んで頂きました。

みつる工芸の暖簾
http://item.rakuten.co.jp/kakishibu/c/0000000106/


つけめん

2009 年 5 月 9 日 作成者:安井武史

吉祥寺東急3日目。
いつものお客様や、みつる工芸を「新発見」してくれるお客様、またこのブログを見てきてくれるお客様、オンラインショップの常連様で「近くなので見に来た」と言ってくれるお客様、感謝しています。我々のような職人は染色業務中は「孤独」です。たまには売り出しでお客様の生の声をきくのが本当に重要です。

sbca0118

正面の塔のような建物が東急です。ちなみに右は伊勢丹。

今日の晩ご飯はちょっと足を伸ばして武蔵小金井というところでつけめんを食べました。
駅から歩いて3分ほど。

隠し味の酢が効いてておいしかったです。

sbca0119
※店内撮影の許可を得ています。

090423saiji1


ヒナが危ない!

2009 年 5 月 3 日 作成者:安井武史

毎年、庭先の巣箱にはヤマガラやシジュウカラなどの野鳥が巣を作りにきます。
2009年度はヤマガラが来ました。

imgp1279
画像中央少し上に巣箱が写っています。

事は順調に進み、4月に入ってからはかわいいヒナの声が聞こえていました。
ですが、5月に入って事件は起きました。スズメが巣箱を乗っ取りに現れたのです。

スズメというとかわいいイメージのほうが強いのですが、巣箱を乗っ取ろうとする姿は本当に凶暴に見えました。ヤマガラの親鳥が巣を離れたのを見計らって巣箱に入ろうとしています。

で、ある日ヤマガラのヒナが地面に落ちているのを発見しました。
長年この巣箱を見守っていますが、「スズメの来襲」も「ヒナが落ちる」事も非常にまれなのです。
少し弱ってはいましたが、まだ元気そうだったので巣箱に戻してあげました。
ところが次の日もまた落ちていました。らちがあかないのでおせっかいとは思いつつもひなが飛べるようになるまで保護する事にしました。

sbca0074

ヤマガラのヒナ、めっちゃかわいいです。


大原のお祭り

2009 年 5 月 2 日 作成者:安井武史

京都大原にもお祭りがあります。

「江文神社例大祭」(えぶみじんじゃれいたいさい)

非常に歴史のあるお祭りです。
近所のおじいちゃんたちに話を聞くと、祭りのやり方は昔とずいぶん変わったそうですが。
御神輿3台と和太鼓3台が出るなかなかの規模のお祭りです。

この祭りの特徴的なのが「宮座(みやざ)」というコミュニティに所属している「長男」のみが出るという部分です。京都大原も過疎化が激しい地域ですので、まあこの縛りの部分はこの祭りを未来に継承していくためには取っ払うべき部分だと、僭越ながら思うのですが・・・

私も祭り出ます。京都大原の「宮座(みやざ)」もだいたい高校生ぐらいから参加することとなります。ほぼ毎年出続けて近所の兄ちゃんたちにかわいがって頂いていたのですが、気付けば「二和尚(にばんちょ)」。上から二番目の管理職になってしまいました。

この祭りが絶えない事を願っています

sbca0073
祭りの衣裳「すおう」。明後日5月4日が本番ですのでタンスから出して天日に干しています