2009 年 6 月 のアーカイブ

おくどさん稼働中

2009 年 6 月 10 日 作成者:安井武史

2〜3日前のことですが、地元の役回りで「ちまき」を作ることになりました。
「ちまき」とはご存知、細長いだんごを笹の葉に包んだあれです。僕は大好物です。

京都大原式のちまき作りはご近所総出で行います。なにせ総数が100本を超えますので・・・
まずはおくどさんに火を入れます。

そもそもおくどさんとは・・(以下wikipediaより引用)

竈(くど)
京都などでは、竈(かまど)そのものを意味し、「おくどさん」と呼ぶ。また、土間など住居の中で、煮炊きを行う空間そのものを意味することもある。山陰地方などでは、煮炊きの設備を「かまど」、空間そのものを「くど」と呼んで区別している地域も存在する。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AB%88_(%E3%81%8F%E3%81%A9)

sbca01721

おくどさん、現存するお家がまだあるんですねぇ。しかも現役。
写真はお隣さんのお家です。

sbca0173
赤ちゃんからおばあちゃんまでご近所総出です。ご近所のばあちゃん、ありがとうございます。

sbca0174
後はこのちまきを煮込んで完成です。

sbca0175
大量に出た笹の煮汁はみつる工芸の工房へ・・・これも立派な草木染めです(笑)

090601b2


柿渋染め日和

2009 年 6 月 1 日 作成者:安井武史

今日は快晴で気持ちがいいですね。

日光で発色する柿渋染めにも今日のような天気はとてもいいです。
柿渋染めは日光を浴びると色目も濃くなりますし、堅牢度(洗濯時などの色の強さ)もアップします。
紫外線が柿タンニンの重合を促進させるとか、単純に酸化が進むとかいろんな説があります。
僕は前者の「紫外線・・・」だと思っています。

写真のような地面に置く干し方も「アリ」なんです。
sbca0150