2009 年 9 月 のアーカイブ

台風の波

2009 年 9 月 19 日 作成者:安井武史

ご存知、台風14号が日本の南海上を通過中です。
久しぶりに台風の波を求めて三重県まで行ってきました。

SBCA0009

まとまりないグチャグチャの波でしたがそれなりに楽しめました。
そしてもう1つの楽しみがこちらの料理屋。

SBCA0007

貝料理を中心にシーフードを楽しめるお店です。
定食屋さんのような気取らず立ち寄れるお店です。

「あっぱっぱ焼き」というナゾのメニューがかなりオススメです。


柿渋の作り方4

2009 年 9 月 14 日 作成者:安井武史

ご家庭で出来る柿渋の作り方を紹介してます。

これ以前の手順はこちらをご覧ください。

柿渋の作り方

柿渋の作り方2

柿渋の作り方3

前回しぼるところまでご紹介しましたが、後は発行のために寝かせる準備をすれば一段落です。容器に小分けにすると収納が楽です。漏斗があると便利です。樽のまま冷暗所で寝かせてもOK。

SBCA00011

2009年度の柿渋がひとまずは完成です。後は何年寝かすか、状況を見ながら判断します。
ちなみに容器のふたはきちっと閉めないようにしてください。もしくはふたは必要ないぐらいです。

SBCA00021

この状態でも染色に使えます。タンニンの縮合が進んでないので、色の変化を楽しむならこの状態で使います。

これ以前の手順はこちらをご覧ください。

柿渋の作り方

柿渋の作り方2

柿渋の作り方3


オニヤンマ

2009 年 9 月 12 日 作成者:安井武史

オニヤンマが家の中に迷い込んできました。こんなことは日常茶飯事。

色彩がなんとも派手なとんぼです。

IMGP3966

このとんぼに噛まれたら結構痛いんです。
毒はないのですが、あごが発達しているので気をつける必要があります。

IMGP3965

とんぼを持つときは羽ではなく胴の部分を持ってあげましょう。羽が痛んで飛べなくなります。


柿渋の作り方3

2009 年 9 月 9 日 作成者:安井武史

ご家庭で出来る柿渋の作り方を紹介してます。

これ以前の手順はこちらをご覧ください。

柿渋の作り方

柿渋の作り方2

ラップをかけて数日間寝かせた物を今回いよいよしぼって液体と搾りかすに分ける作業です。
木綿の手ぬぐいが1枚あれば便利です。

まずは適量を手ぬぐいの上に広げます。

SBCA00021

包み込んで思いっきりしぼります。手ぬぐいを破るぐらいの気持ちで力一杯しぼります(笑)

SBCA0007

しぼり終わった液体

SBCA0010

濁った緑色の液体です。
発酵前の青臭い柿の香りがします。
この液体で染めてじっくり日光に当てながら発色させる方法もあります。

これ以前の手順はこちらをご覧ください。

柿渋の作り方

柿渋の作り方2


柿渋染めの作り方2

2009 年 9 月 7 日 作成者:安井武史

ご家庭で出来る柿渋の作り方です。

これ以前の手順はこちらをご覧ください。

柿渋染めの作り方

採取した柿を軽く水洗いします。

SBCA0001

ハンマーなどで軽くつぶします。飛び散るので強めのビニール袋にいれて袋ごとたたき割ります。

SBCA0002

さらに細かく砕きます。ミキサーが便利です。ただ、お使い後はミキサーをかなり念入りに洗う必要があります。お手入れをしないと柿渋の成分で固まって使い物にならなくなります。

SBCA0003

SBCA0004

水分を足して2〜3日ぐらい寝かせます。

SBCA0005

ラップをかけておきます。
表面が固くなるのを防ぐためです。直射日光もだめです。

これ以前の手順はこちらをご覧ください。
柿渋染めの作り方