2012 年 7 月 のアーカイブ

別注のれん 割烹 満津 様 納品

2012 年 7 月 29 日 作成者:新實飛雄

前回UPで作成中だった、割烹 満津 様の別注のれんが完成!!

大阪まで納品してきました。

紅柄で染め上げた暖簾と店の雰囲気がすごく合っていると、
女将さんに行って頂き、、、

しかも、生ビール、ハモ、タイ、マグロのお刺身をご馳走になり、
蒸し暑さで少しバテていた+少し緊張気味の僕を癒して頂きました。

何時もは梅肉や甘味噌でハモを食べていましたが、
女将さんが出してくれた、なめ味噌(わさびの葉が入っていて風味のある味噌)
で食べるハモは最高w

女将さん、あがとうございました!!

ps 食事が終わってもチョビチョビ舐めながらお酒を飲む事から、
なめ味噌になったと。 by 女将

20120729-230617.jpg

20120729-230626.jpg


伏見探訪

2012 年 7 月 19 日 作成者:安井武史

先日、職人さんとの打ち合わせに京都は伏見区までいってきました。
今までは車で行くことが多かった伏見に、今回は電車で行くことに。当日は祇園祭で市内は大渋滞。車移動は無謀とみて、めずらしく電車で市内を移動しました。

駅を降りてから職人さん宅までがまたおもしろかった。

20120719-013040.jpg

20120719-013155.jpg

こんなクラシックな街並みのなか

20120719-013344.jpg

月桂冠の醸造所があったり、大げさじゃなく5歩ごとに町名が変わったり、観光気分で向かいました。

20120719-013825.jpg

20120719-013842.jpg

20120719-013856.jpg

20120719-013909.jpg

そして職人さん宅にて本来の目的の本酒袋地を手に入れました!
この生地は酒どころ伏見の酒蔵でじっさいに使われていたアンティークの酒袋地。たいへん希少価値の高いものです。年月だけが生み出せる柿渋染の使い込んだ色目が出ています。

20120719-014520.jpg

この生地と、染めたての生地を使って1点モノの新商品つくります!

みつる工芸 安井武史


別注のれん

2012 年 7 月 15 日 作成者:新實飛雄

写真の反物は大阪の割烹屋さんの別注のれん。

暖簾に対する気持ちが強い女将さんが、
[暖簾はお店の顔、そのお店の顔を作る場所、人を見た上で依頼する。
直接話さず、物作りがされる時代だが、これはすごく大切な事。]
と話された。

職人としてプレッシャーではあるが、すごく作りがいのある仕事を頂きました。

余談ですが、女将さんのおとうさんは92歳まで厨房に立ち、職人をされていたとのこと、、、

素晴らしい!!
僕も92歳まで仕事ができるように、体と精神を鍛えなければと思いました。

20120715-103726.jpg