2014 年 6 月 のアーカイブ

釣り日記

2014 年 6 月 28 日 作成者:安井将司

こんにちは!!!
みつる工芸 工房長の安井将司です。

今年の梅雨は雨少ないですねーしかも降り方がスコールっぽい。
日本も熱帯気候になっていくんでしょうか…

それはさておき…

6月のある日、滋賀県の某池に行ってきました。

その池は琵琶湖につながってて、大きさは野球のグランドぐらい。
池の周りは葦で覆われてて、水面からはたくさん杭や倒木が出ており
ウシガエルが鳴きまくってて、なんともあやしくて神秘的な雰囲気をかもし出してました

釣り人ならわかるはず
あの独特の『何かとんでもない化け物』がいそうな予感。

その池はまさにそんな場所でした。

その上、池の存在があまり知られてないみたいで、釣り人は僕とフィッシングパートナーjun氏と
対岸でヘラブナ釣りをしてるジイサンだけ。

まさにシークレット野池!!!こーゆーロケーションがたまらんのですw

早速キャスティング開始!
水面に覆い被さってる樹の下や、杭横や壁際など
可能性のありそうなポイントを打っていくが、まるで反応なし。

どんなルアーが有効なのか?色々リグを変えてみる。

すると
jun氏がスピナーベイトが有効と教えてくれたので、すぐに付け替えて
樹の下の暗い部分にキャスティング!!!

と!!!

スピナーベイトがポチャーンと着水した1秒後!!!

水面が大きく盛り上がった!!!
次の瞬間!!!

凄まじいパワーで池の真ん中方向にラインが走り出した!!!

ロッドを立てて戦闘モードに入る俺!!!

が!

ものすごいパワー!!!

未体験レヴェル!!!‼

ロッドは弓のようにしなり、リールも巻いているはずなのにラインが出っ放し状態!!!

結構硬めのドラグセッティングだったはずなのに‼
ヤバい!!!
何だこいつは⁈
絶対上げてやる‼

ドラグをより硬く閉めて、ロッドを握りしめ、グリップエンドを腹にあて、フルパワーで仰け反ってやっとヤツの動きを止めれた。

よし!今度はコッチの番だ!
ラインのテンションを維持しながら
チョットづつコッチに引き寄せて
後2mの距離まで近付けた!!!

その時ッ!!!

水面にブワッと砂埃が舞って、濁った水の中からヤツが始めて姿を見せた

80cm〜1mクラスの雷魚だった
間違い無くヌシー!!!

一瞬目を疑うぐらいのデカさで、
「えっ こんなん日本にいるん⁈」とさえ思えた

ヤツの潜水艦みたいなフォルムと独特の柄に一瞬目を奪われてた時!!!

すごいパワーで暴れ出した!!!
こいつ‼スタミナがヤバい!!!

今までで1番の突っ込みでラインが右下にギュー!!!ギチギチって音をたてた瞬間!!!

パチーン!!!

…ラインブレイク…

ラインブレイクの反動で、その場に尻餅をついたままの俺…

その後、30分ぐらい手が震えてて、頭の中はヤツとのバトルをループし続けていた…

それから完全に雷魚に心を奪われた僕は
ヤツにもう一度会いたい一心で何度もシークレット野池へ。

その間に3匹の雷魚をあげた

20140628-100417.jpg
70cm弱

20140628-100515.jpg
60cmぐらい

20140628-100543.jpg
40ぐらいの子供雷魚w

是非、想像して欲しい

70弱も中々パワフルだったが、正直余裕があった。
バトルの主導権は終始、僕だった。
60と40は言うまでもない

しかしヤツは
人間の、しかも成人男性である僕が全力で引っ張る力を上回る推進力を持っていた

今思いかえせば、ヤツは全然本気を出してなかった様にもおもえる。

自分の推測である80〜1mクラスと言う数字も決して大袈裟な数字では無いと確信してる。
個体差が有るとはいえ、70弱をあげてそう思った。ヤツはそんなもんじゃ無かったから

これからも僕は、ヤツと戦うためにあのシークレット野池に行くでしょう

そういえば、あの日もスコールみたいな雨が降ったなぁw


へび蛇ヘビ〜〜

2014 年 6 月 11 日 作成者:安井加奈

この季節がやって来ました(>人<;)

私の大嫌いな蛇…ムカデ…蜂…(−_−;)

先日も、母屋の方で「ぎゃー‼︎‼︎」と言う叫び声!
何々⁇と行ってみると「蛇がいる〜‼︎‼︎‼︎」
慌てて飛び出して来た、お母さんとゆりちゃん(バイトさん)。
ゆりちゃんは慌てすぎて、こけてしまうほど(笑)

蛇なのか、マムシなのか…とりあえず、蛇マニア工房長を呼ぶ!
「食器棚のあたりにいるはずだ!」「洗濯機の所見て!洗濯機の所!」と冷蔵庫を洗濯機と言い続けるお母さん(笑)パニック‼︎パニック‼︎

工房長色んな事してみるが出てこない…「こいつは、警戒心めっちゃ強いわ!」と言うことでしばらくそっとしておくことに。。。

10分後覗いてみると…「いた〜‼︎‼︎」10cmくらい洗濯機(冷蔵庫w)の隙間から顔を出して様子を伺っている様子Σ(・□・;)
こちらの気配に気付くと、すっと引っ込んでしまう…
ここからは、忍耐忍耐(汗)

20cm頭が出たあたりで、工房長戦闘モード突入( ̄+ー ̄)
「ドタドタ‼︎…ガッチャーン‼︎」の音と共に蛇確保!

20140611-234751-85671955.jpg

最後は、これをしないと気が済まないのか…腕に蛇を巻く(ーー;)
「これ、めっちゃ気持ちいいねんで〜」だそうです。。

20140611-235003-85803208.jpg


よもぎの染めと池袋東武と星ヶ丘三越

2014 年 6 月 2 日 作成者:安井武史

春のヨモギの染めを紹介します。
よもぎ染めはやっぱり生葉がいいですね。特に春にとれる生葉で染めると、緑みが特別強い、いい色に仕上がります。

今回は麻100%のストールに染めました。

20140602-140243-50563985.jpg

まずはよもぎの葉っぱをざく切りにして煮込みます。いつもは中性のまま真水で煮込むのですが、今回は重曹を使ってアルカリ性の染料を取ることにします。

20140602-141059-51059366.jpg

これでよもぎを煮込んだものと、染料ができたんですが、ヨモギのほうは母親が「よもぎ餅にするので捨てんといて」とのことだったのでとっておきます(笑)しかも、1回しか煮込まないです。ぜいたく抽出です♪

そんなこんなでよもぎ餅の原料と、よもぎ染めの原料ができあがりました。
このあと、十数工程ある染色工程は割愛させていただいて、、、完成品はこちらです!

20140602-143039-52239908.jpg

ちなみにこのストールはこちらでご覧いただけます。

20140602-143319-52399945.jpg

20140602-143330-52410978.jpg