2017 年 3 月 のアーカイブ

少しずつ春…

2017 年 3 月 25 日 作成者:田中克典

こんにちは、 田中です!

.

3月もうラスト一週間ですね〜

最近ツイッターやらフェイスブック

やらで大学の後輩達が「卒業しまし

た!」みたいな報告をしていて自分

が卒業してから一年経ったことを実

感します。

.

.

さてそんな新生活を迎える後輩達に

影響されて…という訳でもないので

すが、自分は最近自転車通勤を始め

ました。

.


.

まあ理由は最近バスの本数が少し減

ったのとあまり乗る機会がなくもっ

たいないなと思ったからで、春から

心機一転みたいな張り切ったもので

はありません(笑)

でもやっぱり良いですね〜自転車!
行く時は30分ほどひたすら上り坂な

のですが、朝から大原の景色を眺め

ながら適度に汗を流すのもなかなか

気持ちが良いです。

まだ朝晩はだいぶ冷え込みますが、

徐々に過ごしやすい陽気にはなって

きました。

.

 
.

大原の桜も少しずつ蕾が膨らんでき

ています。

こういった景色の変化も通勤時の楽

しみになりそうです。


ありがとう!西さん

2017 年 3 月 20 日 作成者:五十嵐悠城

 

 

みつるブログをご覧にいただいている皆様、いつもありがとうございます、五十嵐です。

 

まだまだ寒い日がつづきますが、皆様はいかがお過ごしでしょうか?

 

ここ最近京都では、毎年恒例である各所で開催される桜のライトアップの宣伝広告を街で見かけるようになりました。

もう近くには、うららかな桜が待っているようです。

 

 

 

 

さて、突然のご報告ではありますが、みつる工芸スタッフの西が、今月3月10日をもちまして退社をすることとなりました。

みつる工芸の超ポジティブムードメーカーであっただけに、やはり寂しいですが、新しい一歩をまた踏み出すようなので、スタッフ一同笑顔でお送りをしました。

 

ほんとうに、いつも笑顔でおおらかな西さん。

 

個人的に、公私ともにほんとうにお世話になり、たくさんの笑顔をもらい、そして、数え切れないほど多くの大切なことを学びました。

 

彼女は染色をはじめ、手仕事や暮らしのこと、身の回りのこと、生きていくということ、それらにとても深い考えや理解、自分なりのスタンスをしっかりと持っている人で、そこに大きな好奇心がトッピングされたような、大変に魅力的な方なのです。

 

彼女との思い出はたくさんありますが、心の中にしまっておくとして、、、

 

西さん、長い間、本当にお疲れ様でした。

ほんとうにありがとう!

素晴らしいリスタートが切れることを心より祈っています!!

 

我々みつる工芸も、メンバーの変動にめげずに、春の陽に心躍らせる日々にふさわしい品々をご用意致しておりますので、是非催事会場や店頭、Webサイトでチェックしてくださいネ!

 

それでは、次回のブログをお楽しみに!

 

五十嵐

 

 


鹿児島研修〜九州銘木編〜

2017 年 3 月 11 日 作成者:安井武史

何年ぶりのブログだろうか。。

そう思えるほど久しぶりに投稿します。
そうだ京都行こうといフレーズはよく聞きますが、京都出身在住の僕はちがいます。

「そうだ鹿児島行こう。」

思い立ったが吉日。速攻鹿児島行きの便を予約し、飛んで行きました✈️
いや、いろいろ悩んで腐ってたんですね。。プライベートのこと仕事のこと。その他多数。告白しますが落ちてました。笑顔がなくなってたんですね。

そんな時にひさしぶりに仕事で会ったのがこの方、九州銘木(株)社長の穂原さんです。以前よりよくしていただいている人で、もうお付き合いは長いのですが何かといつもご迷惑をかけている人なんです(笑)


写真左の方が穂原社長です。右は私。
会うなり「体壊したの?顔色悪すぎるよ」と一発で見抜かれました(笑)いろいろ話を聞いたり、悩みを打ち明けたり、時には叱られたりしてたのですが、「一度うちの作業場に来てみてよ」と言っていただき遠慮もなくすぐに「行ってみる」と、鹿児島行きが決まりました。

そして鹿児島到着。いやあ、持つべきものは友ですね♪なんか悩みがスルスル取れていく感覚がしました。鹿児島の空気感、穂原さんの人柄、九州銘木スタッフの方々の笑顔。「僕の今年のテーマは笑顔なんですよ」と穂原さん。いや、まさにそれを体現されていていつの間にかこっちの方も笑えてくる。

笑う門には福来る
これって事実だったんだと実感しました。

お昼ご飯中のスタッフの方々に厚かましくも混じって一緒に昼休憩を取らせてもらいました(笑)この後、なぜか2社合同懸垂大会に(笑)

このスタッフの皆さんの笑顔。こういう工房から良いもの、なんだか光るものが生み出されるんだと実感しました♪

ゆったりとした旅というよりは輝くような時間をいただいて、2日間もお邪魔してしまいました。そして半ば無理矢理連れていったみつるスタッフの五十嵐がきっちりご商売の話までさせていただきました!グフフ(笑)

本当にありがとうございました。
九州銘木さんベタ褒めの投稿になっちゃいました。会社も僕個人も大変お世話になっているのでおのずとそうなるのですが、、、

我々みつる工芸も負けてはいられません!
再スタートです。


何度でもリスタートは切って良いはずです。

みつる工芸 安井武史
九州銘木(株)のサイトはこちら


はな

2017 年 3 月 4 日 作成者:横山大智

こんにちは!横山です。

 
厳しい厳しい寒さも無くなり、

春を感じるようになってきましたね。

 

ですが次は花粉症の季節、、、

 
 
自分は鼻水が出まくるタイプなのでまた

工房のティッシュを箱単位で消費してしまうかもしれません…

 

 

 
そんなことはさておき、

最近のような晴れた日は乾燥しているので1ヶ月前の

倍以上のペースで染めが進んでいきます。

 
染めにとっても、自分たちにとっても

陽の光はありがたいですね。

 

 
工房の外で直射日光を浴びながらの柿渋引き染め。

 
発色よし。渇きよし。何より気分がよし。

 
 

 

 
 
さて今回は、まだ雪がわっさわさ降っていた1月下旬。

 
地元の友人の結婚式に行ってきたのですが、

人生初の友人スピーチをして参りました!

 
経験した方は分かると思いますが、

半端じゃないですよね、緊張が、、、

 
元々話すのが苦手な自分は手紙形式でいきました。

 
書いてあることを読む、

それだけのことなのにあんな緊張するとは思わなんだです…

 
 
ただなにか自分らしさというか、

自分にしか出来ないことをやろうと思い

自分が染めた一輪刺しをスピーチの最後に

プレゼントすることにしました。

 

 
亀の甲羅が由来の亀甲柄、

今回は友人がレスキュー隊ということで

「守る」という意味を。

 
刺した花は、オレンジの薔薇。

 
赤が一般的ですがこちらはオレンジ。

 
花言葉は「家族の絆」。

 
 

 
たくさんのものを守る仕事をしているけど、

家族、家庭というとてもとても大きな存在は

一人では守りきれない。

 
だからこれからは、隣にいる一生のパートナーと

二人で、「家族の絆」を守っていって下さい。

 
 
…というような意味を込めて染めさせて頂きました。

 
拙い拙い出来でしたが、スピーチ自体は

友人が喜んでくれていたので何よりでした。

 

 
余談ですが、写真のピントが合ってないのは

スピーチが終わった解放感と

ちょっと良いワインのせいであります、、、

 

 
なんにせよ、スピーチの達成感と、

地元の友人たちと余興で騒いだり笑い合えていい一日になりました。

 
 
みつる工芸の商品ももちろんですが、

こういう機会のためにももっと腕を上げなければと思います。

 

 

 
 

 

 

朝晩と昼の温度差が激しい時期ですので、

どうかみなさんもお気をつけ下さい。

それでは。