» 瀧本昌平のアーカーブ

収穫中のハプニング!

2010 年 10 月 7 日 作成者:瀧本昌平

本日、良い染料になる野草、セイタカアワダチソウを近くの畦道に大人二人、子供一人、犬一匹で収穫に行きました。

セイタカアワダチソウはキク科の多年草で空き地、道端、土手、河川敷などに多く生えている黄色い花が咲く植物です。黄色系の色を染めるのに適しています。

そこら中に足るほど生えているので、私たちにとっちゃうれしいものです。

必要な分だけせっせと刈り取っていました。

そうしていると、、、!!!

!!!

「たすけて〜!!!」

愛犬cocoが脇の用水路にはまって抜け出せなくなっていました!

犬のへっぴり腰。

ちょっとがんばったら上がれそうな高さだったのですが、おケツが重過ぎたのか、、、

その後無事、救出には成功いたしました。

少し情けないけど愛くるしいハプニングでしたー。


柿渋は日光発色だというのに。。。

2010 年 6 月 28 日 作成者:瀧本昌平

梅雨は柿渋染めにとっちゃ難儀です。

雨、雨、雨、湿気、、、

ジメジメこの季節は嫌ですなー。気分もジメジメ。スカッとしない。

この天気では染め作業もはかどらないので、気分をかえるために今日はかえる事にしました。


命がけのライフライン整備!

2010 年 5 月 25 日 作成者:瀧本昌平

連日のどしゃ降りで、うちの工房の山水供給設備がストップ!

川は濁流と化し、上流のパイプの吸い込み口が土やら砂やらでツマってしまい、水の供給が止まってしまうのです。

この辺一帯は山水が生活水の家が多く、その水が途絶えてしまうと、炊事、洗濯などの生活が全くできなくなってしまう事態が起こります。つまり、そのパイプラインは、皆の生活には欠かせることのできないライフラインなのです!

そのライフラインが詰まった時、整備に行くのも僕たちの役目です。

山を上がり、上流の方まで行き、濁流の中、パイプの周りの砂利をスコップで取り除き、弁を回してドロ抜きをします。危険な作業ですが、僕たちがしないと誰もできません。皆の生活もかかってます。だから自然の猛威には逆らわないよう充分に注意しながらやります。決して無茶をしてはなりません。

写真の下部に写っているのがライフラインのパイプラインです。大雨の時は濁流にもまれます。

無事、作業を終え、なんとか水が供給されるようになったので、ひとまず安心。これでしばらくは生活を維持できるはず。雨が降らなければ。

ただ雨も降らなければ、畑の作物も育ちません。

自然とはうまく付き合っていくしかないな。とあらためて思ったのでした。


勝てる気がしません。

2010 年 5 月 7 日 作成者:瀧本昌平

みつる工芸のある大原は自然が豊かな所です。

裏山の森を流れる渓流。

空気が違います(残念ながらこれは言葉で表すのは難しい)

森独特の空気感です。静かな清涼感の中にある恐怖心。

何かが出てきそうなんです。見た事ない何かが。

自然は壮大で偉大だなと思いました。まったく勝てる気がしません。

いつもは穏やかですが、怒らせたら恐い。

自然とはケンカしないように、できるだけ逆らわないように、仲良くしようと思いました。


本日、染め日和。

2010 年 4 月 29 日 作成者:瀧本昌平

工房

ひなたぼっこ気持ちえ〜