‘柿渋の作り方’ カテゴリーのアーカイブ

柿渋、いよいよ絞ります!

2016 年 8 月 27 日 作成者:田中克典

こんにちは、田中です。
8月も残すところあとわずかですね〜

さて今日は先日の柿渋作りの続きです。

こちらは先週潰したもの

そしてこちらは昨年のもの

まず昨年のものから手ぬぐいで絞っていきます。

良い感じの液が出てます

早く使ってみたいですね〜

続いて今年のものです。


あっそうそう、

言うまでもありませんが、臭いは

ハンパねぇです(笑)

こっちの液はまだ透明です。この

液もこのまま置いておくとあの柿

渋の色になるんだとか

しかし、この潰した柿はまだまだ

あります。根気強く絞っていきま

しょう(^_^;)


つくりましょう!柿渋☆

2016 年 8 月 15 日 作成者:西朋弥

こんにちは 西です。

久しぶりに京都に帰ってきました◎

暑いですねー!

今日は、ちょっと時期がおそくなりましたが、柿渋を仕込みました♪

渋柿を砕いて


たるにいれます


混ぜます


一週間おいてから絞って濾過します。

さて、今年はどんな色になるでしょう♪ 

おたのしみにー☆
注;私は写真係で参加しました

8/17からは 立川伊勢丹『日本の職人工芸展』・町田小田急『日本の職人 匠の技展』2店舗にて出店しますので是非お越しくださいね♪


引き続き柿渋作り

2015 年 9 月 5 日 作成者:新實飛雄

前回はへたを取ったところで終わりましたが、

引き続き柿渋作りを進めていきま〜す。  

 
へたを取り終えた柿はミキサーで細かく砕きます。

  
こんな感じでどんどん砕いていきますが。

  
どんどん柿渋のタンニンも発色していきます。

  
この状態で一週間ほど放置します。

あとは絞って液だけを4年ほどねかして柿渋染料の完成です。
引き続き報告しますのでお楽しみに。


2015年ものの柿渋作り

2015 年 8 月 24 日 作成者:安井武史

今年もこの季節になりました。みつる工芸では今まさに柿渋を作っています。

IMG_0084

柿渋を作る柿は天王柿。タンニン分が多い柿です。ウチの畑にあるのは十数年前柿渋作りの職人さんに苗を分けて頂いたものです。

IMG_0091IMG_0087

柿は豊作の年と不作の年が交互にやってくると聞いてましたが、まさにそのとおり隔年で豊作・不作が順番に来ています。今年はどう見ても豊作です!

 

 

IMG_0088

こんなに小さい柿です。青いうちに収穫するのがポイントです。

IMG_0095

1本の樹から数百個とれました!ここからへたを取ったり、洗ったり、つぶしたりするのですが続きは次回。


2010年物の柿渋を作りました。

2010 年 9 月 18 日 作成者:安井武史

今年も柿渋を作りました。

この緑色の液体がワイン色にかわっていきます。不思議ですね。
まだ絞り立てで発酵は全く進んでいませんが、ニオイは柿渋っぽい臭さがあります。

ちなみに今回は作る様子をテレビで取材していただきました。

お時間があればぜひご覧ください。

「猫のしっぽ カエルの手 京都大原・ベニシアの手づくり暮らし」
オンエア日程
BS-hi
9月26日(日)19:30−19:59
9月29日(水)12:00−12:29
10月1日(金) 7:00− 7:29

BS2
9月28日(火)23:45−24:14
10月2日(土) 5:25− 5:54