みつる工芸

別注のれん
ORDER MADE NOREN

別注のれん(オーダーメイドのれん)とは

別注のれんとはお店などの玄関に掛ける、店名やロゴを染めたのれんのことです。
オーダーメイドのれん、オーダーのれん、サインのれんなど呼び方は様々ですが
みつる工芸では以下「別注のれん(オーダーメイドのれん)」と呼びます。

別注のれん事例

サイズも指定できるので、かける場所(玄関など)にぴったりののれんがつくれます。

サイズも指定できるので、かける場所(玄関など)にぴったりののれんがつくれます。

既製品ののれんのサイズは昔ながらの半間巾(はんげん)約90cmや一間(いっけん)約180cmなどが多いのですが、もちろんそれ以外の巾も製作できます。耳縫い加工や様々な巾の反物を使ってご希望通りの巾に仕上げます。丈ももちろんご指定いただけます。また、サイズがお決まりでない方には程よい大きさをご提案いたします。

ロゴや店名を入れて他店との差別化を。

ロゴや店名を入れて他店との差別化を。

サイン的な意味合いが強い「別注のれん(オーダーメイドのれん)」にはやはりお店の名前やマーク、家紋などを染め抜いて他店との差別化を図りましょう。ベクトルデータ、画像データはもちろん、白い紙に黒で店名を書いた紙などをお送りいただければ対応可能です。家紋などは名前をお伝えいただくだけでけっこうです。(例:丸に剣かたばみなど)みつる工芸でロゴデザインをご提案することもできます。※別途ロゴデザイン費が発生します。。

柿渋染めや草木染め。みつる工芸ならではの染めと柄をお楽しみいただけます。

柿渋染めや草木染め。みつる工芸ならではの染めと柄をお楽しみいただけます。

お客様が最初に目にする、お店の顔とも言える「別注のれん(オーダーメイドのれん)」。染めや柄にもこだわりをお持ちのオーナーさんのご要望にお応えいたします。年月を経るごとに渋みが増す柿渋染めや抜群の対光堅牢度(たいこうけんろうど=日光に対する色の強さ)を持つ紅柄染めと藍渋染め、やさしい色合いの草木染めや手描きのれんなどお店の雰囲気を引き立てる柄をご提案いたします。

のれんができるまでの流れ

見積りのご依頼→デザイン案・価格ご提案→制作→納品

まずはお見積のご依頼から。価格、デザイン案のご提案ののちご納得いただいたら制作開始のGOサインをください。全国のお店ののれんのご相談を承り続けている担当者がご相談からご提案までしっかり対応させていただきます。