みつる工芸

志野

自然の染色が社のこんせぷとにぴったりでした。

京都大原で「無添加でうまい味」のドレッシングを発信し続ける味工房志野様。 紅柄ののれんや日除け、ヘンプTシャツのユニフォームや帆布の前掛けまでみつる工芸の別注グッズを多数ご利用いただいています。その発注方法も多彩で、社長の辻さん直々の手書きのロゴをお渡しいただいたり、今回取材に応じていただいた細見さんとフォトショップデータをやり取りしたり・・と販促物に対する妥協のなさをお見せいただきました。そんな志野様の事例をご紹介します。

みつる工芸を選んだ理由について

「自然の染色が社のコンセプトとぴったりでした。」と担当の細見さんにお話しいただきました。 さらに「サイトで目にした色目がやさしかったから」「同じ大原だから」と付け加えていただきました。が、やはり、創業の時より「無添加でうまい味」のドレッシングを発信し続ける味工房志野さんのコンセプトとみつる工芸のコンセプト(リンク)がぴったりだったのが決め手でお選びいただいたとのこと。

使い心地について

「まず納品のときに感じたのがイメージ通りに仕上がったということですね。さらに追加注文をするうちにこちら(志野様)の要望が増えていったにもかかわらずしっかり答えてくれたのが良かったです」それ以外にも色持ちがとてもいいとお話しいただきました。志野様の日除けは紅柄染めの無地に社名の白抜き。この紅柄染めが堅牢度抜群で「7年前ののれんが日に焼けても味わいが増しているのでまだまだ使えそう」と天然の染色の経年変化を楽しんでおられる様子でした。

志野様では手書きのロゴから型紙を起こしたり、データでのやり取りなどまさにフルオーダーの日除けやのれんをご注文いただきました。

社のイメージカラーがお決まりの場合や手書きのロゴを拡大して日除けに・・などとお考えの方にぜひご参考にしていただきたい事例です。

味工房 志野さま フルオーダーのれん

綿帆布紅柄日除け


綿帆布日除け


綿帆布日除け


綿帆布紅柄のれん

味工房 志野
住所:京都市左京区大原大長瀬町318
電話:075-744-2141
URL:http://www.sino.co.jp/