こだわりの「柿渋染本麻のれん」

こんにちは。
みつる工芸の北村真紀子です!!
今日は京都大原の景色とみつる工芸で手染めしている様子をご覧いただきたいと思います♪

みつる工芸の「本麻のれん」は手染め手作りしております。
丁寧に手染めして、大原の自然の中で乾かし、また染めて..と時間をじっくりとかけて染め上げます。
そこからお仕立てをして、みなさんが目にしていただく商品となります。

柿渋染は時間とお手間をかけて染めることで、
色に深みが出て科学染料では出せない優しい色味になります。
お好みの場所にご使用していただくと更に色に変化が出てまいります。
柿渋染は使い込むほどに、色の変化を楽しめ、風合いも楽しんでいただけます。

新しい年を迎えるのに、新しい本麻のれんはいかがでしょうか?
こだわりの「柿渋染本麻のれん」を、京都大原からお届けいたします。

本麻柿渋染め鉄媒染暖簾(のれん) 鉄色に南天(なんてん)
本麻柿渋染め暖簾(のれん) 厚織の柿渋染めかわり段染め
本麻藍下柿渋染め暖簾(のれん) 藍渋染め昔ながらの円相
本麻柿渋染め暖簾(のれん) 縦段に刷毛模様
本麻玉渋染暖簾(のれん) 太陽の染
麻の日傘:藍鉄染め 水玉
 
 
LINEfacebooktwitteryoutubeinstagram
このメールは送信専用です。このメールアドレスに返信いただいてもお答えできません。ご了承ください。
このメールに心当たりのない方は、恐れ入りますがinfo@kakishibuzome.comにご連絡ください。
プライバシーポリシー | 登録情報の変更・メールニュース購読停止
発行:麻と柿渋染め・草木染めのみつる工芸
〒601-1248 京都府京都市左京区大原草生町60
COPYRIGHT 麻と柿渋染め・草木染めのみつる工芸 ALL RIGHTS RESERVED.

Leave a Reply

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください